新車を安く買う方法

●新車を安く買う方法

 

f:id:opjj84193:20210515110428p:plain

 

2018年、これは実際に我が家でプリウスを買うまでにやった方法です。

 

★消費税8%のときです

 

購入時期2018年4月

 

最初提示価格

291万円

実際に購入した金額

265万円

 

走行距離も20万キロを超え、約10年乗ってきたので、買い替えたいという夫の要望に応え、新車購入までの道のりです。

 

ただ、車を登録する地域で少し内容とは違いはあるかもしれません。

 

1.どんな車(車種)を買うのか決める

 

2.車の支払い方法を調べる

 

3.合い見積もりをとる

 

4.交渉する

 

 

 

1.どんな車(車種)を買うのか決める

 

夫はプリウスが発売されたときから、プリウスに乗っていたので、車種は「プリウス」と決まってました。

 

そうはいっても、「プリウス」の中にもグレードがあるので、まずはグレードを決めました。

 

当時、石原さとみがでていたPHVは我が家では必要ないと、一番初めに候補から外れました。

 

「車体価格の安いヤツでいいよ」と夫の一言で、グレードはSに決定します。

 

今はネットでも、新車の車体基本価格が調べられます。

 

会員登録をしていくと、オプションをつけたあとの全体金額もわかるようになっています。

 

3年以上前はたしか、そこまでネットではわからなかったと記憶してます。

 

この時点で、どのオプションが外せる、外せないは、おおざっぱに決めておきました。

 

 

2.車の支払い方法を調べる

 

・車の買い方は、車の購入会社が用意しているローンを組む。

 

・銀行のマイカーローンを組む。

 

・自己資金100%で買う。

 

・今乗っている車を下取りにだして、売れた金額を頭金か、新車購入額から差し引いてもらう。

 

だいたい、この4つではないでしょうか。

 

今乗っているプリウスはこの時点で、新車購入時の下取りにする気はありません。

 

理由は、手数料が高いから。

 

たとえ、下取りが50万円だったとしても、下取り手数料、査定手数料といった手数料がいくつも上乗せられて、実際の下取り額が目減りしてしまうからです。

 

次に候補から外したのは、車会社の用意されたローン。

 

今のプリウスの時、夫が提示されている年率が安いからというだけで、ト〇タローンで支払いを開始しました。

 

当時年利1.1%くらいだったと思います。

 

72回支払いです。

 

ネットの計算サイトを使ってシュミレーションしてみました。

 

あれ?これはどんな計算だろう?

 

元利均等法とも元金均等法とも違います。

 

普通に銀行で借りるマイカーローンとは違う。

 

じゃあ、何の計算式?

 

調べてみると。アドオン式が近いようです。

 

ただ、利用している会社によって条件などが違うため、一概にあてはめることができませんでした。

 

銀行で借りるより最終利息が多いじゃない。

 

え、繰り上げ返済できないの?

 

繰り上げ返済するなら全額返済しなきゃだめなの?

 

ちっとも「お得じゃない!」

 

当時、子供2人がまだ学生で、少しでも車が安く買えるならと、思ったのでしょうか。

(今なら、そのまま修理しながらでも古い車を乗るか、中古車にしますけどね)

 

結局、そのあと銀行のマイカーローン(元利均等・固定型)に借り変えて、そのお金でト〇タローンは一括返済しました。

 

自己資金100%は少しキツイし、不動産業の経費にもしたかったので、マイカーローンを選択しました。

 

 

過去にこういった経緯があったので、今回はマイカーローンの条件も決めました。

 

古いプリウスが売れたお金を、マイカーローンに入れたかったので、一部繰り上げ返済の時の費用の安い銀行。

 

変動金利と、固定金利では、変動金利が低いので変動金利で契約ができるところ。

 

銀行関連はこの二つを満たすところとしました。

 

私のすんでいる地方の銀行は、繰り上げ返済手数料が一回あたり5000円+消費税です。

 

この5000円より安い手数料の金融機関が見つかればOKです。

 

地元にあるのは、銀行、信金、郵便局、JAです。

 

結論からいうと、JAにしました。

 

変動金利が1.4%(条件あり)、一部繰り上げ返済手数料なし。

 

以上が理由です。

 

長くなってので続きはまた。

 

 

50代主婦老後が心配、貯金するお金がないと思ったら見直すべきところ。携帯維持費

● 50代主婦老後が心配、貯金するお金がないと思ったら見直すべきところ。携帯維持費

 

f:id:opjj84193:20210501173846p:plain

 

同級生に「貯金をしたいけど、そんなお金なんてないよ!」といわれました。

 

そのときに「携帯電話のキャリアってどこの会社使ってるの?」でした。

 

相手は、即答「何?キャリアって。初めて聞いたけど?」

 

なんてこったい!

 

私「えっとね、携帯電話って主に、ドコモ、auソフトバンクってあるじゃない。これは知ってる?」

 

同級生「うん、テレビでみるから知ってるよ」

 

私「よかった、それで、その三っつの会社を三代キャリアっていうんだけど、今、この三っつの会社のどこかと携帯電話を契約しているの?」

 

同級生「au

 

私「今、そのに毎月そのくらい携帯電話料金を支払っているかわかる?多分、携帯電話本体の金額も含まれていると思うけど」

 

同級生「わかる」

 

便利なもので、携帯電話のアプリで通信料金や明細をその場で確認してくれました。

 

同級生「そういえば、家の中で携帯が使えるように、あの細長くて ちっこいのをauからレンタルしてるよ。それも、お金に入ってる」

 

私「家って、光ケーブルじゃなかったっけ?」

 

同級生「あれは、テレビだけ」

 

同級生の自宅は、地上波がきていないので、テレビを見るためにはどこかのケーブル回線のあるところと契約しなきゃいけない地域なんです。

 

これって、過疎県あるあるなんでは?

 

そのケーブルに、ネット回線も申込みができるのすが、テレビ仕様の申込みだけしているとのこと。

 

auホームルーターだと思うのですが、それを解約すると解約金がかかるから、「もったいない」といいます。

 

ただ、今の光ケーブルもネット回線が使えるので、そこに追加申込をしても工事料金はかからない(はず)だし、もしかしたら、今のホームルーターと併用より安くなる可能性もあります。

 

そこを説明して、

 

私「一度、テレビでも申込みをしているケーブル回線に問い合わせてみたらいいよ」

 

そのうえ、職場周辺ではau回線が途切れることも多いそうなので、au回線より、ドコモやソフトバンク回線のほうがいいのかもしれません。

 

一緒に話をしている場所でもauは途切れることがありましたが、わたしは途切れることなく使えました。

 

わたしはSIM携帯でYmobileです。

 

ソフトバンク回線を使う形です。

 

職場と自宅の外でストレスフリーで携帯電話が使えればいいので、格安SIM携帯に変更してもいいのでは?

 

一旦、解約料が請求されてお財布が痛くても、格安SIMに家族中を変えれば、数ヶ月で解約料は取り戻せます。

 

機種代金も、一括請求される場合もあるし、そのまま機種代金だけ分割支払いができる場合もあるようなので、そこは携帯会社と本人の当時の契約書次第です。

 

(過去、子どもたちがauユーザーだったときに格安SIMに変更したとき、機種代だけ分割で支払ったことがあります。)

 

ここまで、話をしてて、同級生は半分脳みそパンク状態のようです。

 

順番をもう一度説明します。

 

1.自宅のテレビケーブルの回線に、ネット回線が追加契約できるのか?

 

2.できるのなら、どんな料金契か確認すること。

 容量によって料金がかわっていたり、プロバイダーが一緒になった光コラボレーションや、別にプロバイダーと契約しないといけないので。

 

3.現在使用中の解約料金を必ず確認。

候補にあげた回線も確認。

更新猶予期間も会社によってバラツキがあるので、確認。

 

最低、この三っつは調べておいてほしいと、伝えました。

 

過疎県でも、県庁所在地くらいだと、もう少し光回線会社の選択があるけど、同級生の住んでいる地域は選ぶほど回線もないです。

 

田舎って、のどかだけどこういうところに選択肢もないし、下手したら回線がものすごく遅くなったり繋がりにくくなっちゃうんですよね。

 

頑張れ!同級生!

同級生との会話で人生100年時代お金は重要と改めて思いました

● 同級生との会話で人生100年時代お金は重要と改めて思いました

 

f:id:opjj84193:20210501173846p:plain

今日は久々に、同級生とランチをしました。

 

同じ1965年生まれです。

 

お互い子供も成人しています。

 

同級生は以前子、子宮頸がんを患いましたが、今は定期的に検査にいくだけです。

 

わたしは、シェーグレン症候群で、膠原病内科は卒業して、眼科と皮膚科で外用薬をもらっています。

 

同級生の話では、がんの治療のために、自分の個人年金保険を解約してその費用に充てたそうです。

 

時代からして、お宝保険というやつです。

 

そして治療の間は仕事も思うようにできず、子供たちの学費なども必要で、個人年金保険の貸付を充てたそうです。

 

私たちの世代って、お宝保険があった時代なので、こういうことができたと。いうある意味ラッキーな世代なのかもしれません。

 

残念だけど、こういう貯蓄型保険はもう過去のものなので、これからはきちんと老後対策が必要という話の流れになりました。

 

わたしは何かしているのか?と聞かれたので、iDeCoとNISAをしていることを話しました。

 

同級生は「なにそれ?初めて聞いた」と信じられない一言を!

 

いやいや、うそでしょう。と思ったのですが、本当に知らないようです。

 

逆にこっちが驚きました。

 

冷静に考えてみると、老後2000万円問題と騒がれてても直近世代はいがいとのんびりしているのかも。

 

 

f:id:opjj84193:20210510114512p:plain

 

iDeCo公式サイト

確定拠出年金統計資料(2020年3月基準)より

https://www.ideco-koushiki.jp/library/pdf/join_overview_R0303.pdf



 

 

今週の買い物

今週の買い物

 

こちらは、業務用スーパーで購入した野菜と総菜です。

 

7~10日分をまとめて購入しています。

 

f:id:opjj84193:20210508103811j:image

 

冷凍庫には冷凍野菜が中心に並びます。

 

f:id:opjj84193:20210508103815j:image

 

一部、作り置きしたものもありますが、野菜たちと一緒に食べてしまう予定です。

 

f:id:opjj84193:20210508103836j:image

 

 

f:id:opjj84193:20210508103843j:image

 

 

今回購入した野菜と総菜、冷凍野菜が総額3500円くらいです。

 

肉や魚もまとめ買いをして、下処理をして保存したり、調理済みの状態にしてから保存するので、毎日料理をする手間も省けます。

 

ロボット掃除機を1年以上使いました

ロボット掃除機を1年以上使いました

 

f:id:opjj84193:20210506091646j:plain

2020年3月から使い始めて、1年が過ぎてこの状態。

 

付属でついていたブラシも使い切り、ひっくり返すとなんと無残な姿。

 

f:id:opjj84193:20210506091702j:image

 

ネットで購入した新しいブラシ大小とフィルターです。

 

f:id:opjj84193:20210506091713j:image

 

ブラシを取り外しました。

 

f:id:opjj84193:20210506091734j:image

 

小さいほうのブラシの根元には、長い髪の毛が絡みついてました。

 

f:id:opjj84193:20210506091749j:image

 

掃除機で、きれいに埃をとってあげます。

 

f:id:opjj84193:20210506091809j:image

 

これからもよろしくね。

 

 

煩悩だらけの利益確定の悩み

煩悩だらけの利益確定の悩み

 

f:id:opjj84193:20210501180049p:plain

 

 

投資信託でそろそろNISA5年目のものがあります。

 

今は、SBI証券でNISAを続けていますが、以前はセゾン投信でNISAをしていました。

 

一番最初にはじめたNISAはこちら

 

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

f:id:opjj84193:20210506003348p:plain

株と債権が50対50で組まれています。

 

日本を含む全世界です。

 

購入時手数料 0円

信託報酬 年0.57%±0.02%

信託財産留保額 0.1%

 

セゾン投信ホームページより)

 

あとから追加したのはこちら

 

セゾン資産の達人ファンド

f:id:opjj84193:20210506004612p:plain

f:id:opjj84193:20210506004600p:plain

 

購入時手数料 0円

信託報酬 年1.35%±0.2%

信託財産留保額 0.1%

 

セゾン投信ホームページより)

 

手数料がちょっと高めだけど、しっかり利益がでているのが嬉しいファンドたちです。

 

別証券でNISAをしているので、ロールオーバーはできません。

 

一旦プラスになった金額は利益確定をしておいて、別証券口座で投資信託を購入するか、米国株を購入するか。

 

いっそ、全部利益確定して移しちゃおうか。

 

多分、こちらが簡単。

 

証券口座も少なくなれば、管理しやすくなる。

 

新型コロナの影響で経済も先行き不安定なので、利益がでているときにきっちり利確をしておけば安心です。

 

私の投資の目的は、ズバリ「老後資金」です。

 

夫はコツコツ現金を銀行に預ける派です。

 

わたしは銀行だけじゃ不安派です。

 

それに、夫はギリギリ年金旧世代なので、年金改正が入りまくりの世代の人たちとは考えが違います。

 

60歳から老齢基礎年金受給最後の世代ですから。

 

これはもう、仕方がないことなので多少の諦めです。

 

でも、わたしは女性で夫より長生きをするハズ。

 

銀行に現金を預けておけば、年金と貯金で安心とはいいきれません。

 

そのための、投資をしています。

 

年金で月に約10万円。

家賃収入で月に約10万円。

投資の利確と株配当で月に約10万円。

 

このくらいあれば、特に大きなお金の心配もしなくていいかな、と思ってます。

 

もし、介護が必要になって、施設に入ることになってもなんとかなるでしょう。

 

これプラス体が動いて元気なうちに旅行も行きたいでの、ちょっとづつ新しいビジネスも始めています。

 

未来の明るい老後資金と今の楽しみのお金のために。

 

 

 

50代女性でも遅くない、iDeCoデビュー

50代女性でも遅くない、iDeCoデビュー

 

f:id:opjj84193:20210501173846p:plain

わたしがiDeCoをやっていることを同世代の女性に話すと、反応は真っ二つに分かれることが多いです。

一つは、「いいよね」

一つは、「今からやってもムダ」「iDeCoをはじめるにはもう遅い」

この二つに分かれます。


「いいよね」という人は、既にiDeCoをしている人。

「ムダ」「遅い」という人は、iDeCoを知っているけど、やってない人。iDeCoを知らない人。


わたしがiDeCoを始めたのは、50代に入ってからです。

60歳まで、あとまる8年あるか、ないかくらいのときです。

そのため、10年iDeCoを続けるには、62歳くらいまで続ける必要がある、申込ギリギリ年齢だったような。

そのときは、月5000円からはじめました。

サイトの見方もよくわからないし、利益確定して定期に移行する方法も実際やってないからわからない。

わからないずくしで、パソコン操作を間違えてもいいか、というところから始めました。


今は月10,000円を積立てます。

積立類計260,000円(初期手数料含)

資産残高約280,000円(4月末評価額)


「今からやってもムダ」「iDeCoをはじめるにはもう遅い」派の人は、定期預金や養老型保険、貯蓄型保険が大好きな傾向がある気がします。

あとは、「やってもムダ」派の中には、iDeCoごときの複利じゃ少なすぎる人。

高配当が好きな人。ただ、高配当はハイリスクでもあるので、ここを理解している人と、まあ、大丈夫に違いないはず。

この2通りに感じます。

わたし個人は、ハイリスク・ハイリターン投資をしたことがあります。

でも、毎月運用通知をヒヤヒヤしている自分に気づいて辞めました。

ハイリスク・ハイリターンで、最悪、「元金0円になっても平気」くらいの気持ちがあればいいのでしょうが、あいにく、わたしにはそんな気持ちはなかったです。

 


本題からそれちゃいましたが。


まだiDeCoをしていない50代女子はまだ間に合うから、iDeCoをやったほうがいい、ということ。

追い風のように、iDeCoの改正があって、60歳から65歳まで加入年齢が引き上げられました。

そのため、iDeCoに加入できる年齢の上限が59歳となりました。

つまり、加入できるのは20歳から59歳までとなります。


積立金は60歳から受け取れますが、加入した年齢が60歳に近い人は、積立期間が5年以上必要なので、60歳からは受け取れません。


これをまとめると、iDeCoの積立金を運用できるのは、70歳まで。

iDeCoの積立金を受けとれる期間は、5年以上20年以下となります。


通算加入期間(積立開始~積立終了期間)=運用期間が10年必要です。

ただし、この年数に足りないときは、給付金の受け取り開始と給付金受給期間が変わってきます。

もちろん、積立NISAを利用することもいいと思います。

だけど、積立NISAには一つ問題があって、現金化がいつでもできるということです。

逆にこのiDeCoは運用期間と受給開始が決まっているので、強制的に積立ができます。

もし、途中で積立ができなくなったときは手数料がかかるけど、積立ストップの手続きをすればいいです。

でも、引出しはできないので、強制的にその年齢までそれまで積立たお金が運用されます。

月々5000円からできるので、やってみればいいじゃない!って。


ただし、金融機関の窓口(銀行、郵便局、証券会社)で顔を突き合わせて契約するところは避けましょうね。

年率より、その窓口で支払う手数料のほうが高くなることが多いですから。